EPA事業への取り組み

アークアカデミーは、2010年度から3期、「日比(日本・フィリピン)経済連携協定(EPA)に基づく看護師・介護福祉士候補者・受入研修事業」を受託いたしました。2012年度から現在まで9期、「日越(日本・ベトナム)経済連携協定(EPA)に基づく看護師・介護福祉士候補者・受入研修事業」を受託し、現地で研修を実施しています。また、2014年度より現在までの7期、訪日後研修を実施しています。

EPA応援メッセージ

日本・ベトナム EPA(外務省・経済産業省より受託)

実施経験

第1陣

平成24年11月~平成26年8月
外務省・ASEANより受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者150名(訪日前研修1年、通信教育等6ヵ月、訪日後研修2ヵ月)

第2陣

平成25年12月~平成27年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者180名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

平成27年5月~7月
経済産業省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日後)
候補者155名

第3陣

平成26年12月~平成28年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者180名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

平成28年5月~7月
経済産業省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日後)
候補者187名

第4陣

平成27年12月~平成29年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者210名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

平成29年5月~7月
経済産業省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日後)
候補者203名

第5陣

平成28年12月~平成30年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者240名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

平成30年5月~7月
経済産業省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日後)
候補者219名

第6陣

平成29年12月~平成31年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者240名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

令和元年5月~7月
経済産業省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日後)
候補者217名

第7陣

平成30年12月~令和2年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者240名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

令和2年11月~令和3年1月
経済産業省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日後)
候補者231名(看護師候補者38名、介護福祉士候補者193名)
外務省HP参照

第8陣

令和元年12月~令和3年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者240名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

第9陣
※現在実施中

令和2年12月~令和4年3月
外務省より受託
看護師・介護福祉士候補者日本語研修(訪日前)
候補者240名(訪日前研修1年、通信教育等4ヵ月)

日本・フィリピン EPA (経済産業省より受託)

実施経験

平成22年度 平成22年5月~11月
介護福祉士候補者 日本語研修(訪日後) 29名 6ヵ月
平成23年度 平成23年7月~平成24年1月
介護福祉士候補者 日本語研修(訪日後) 27名 6ヵ月
平成25年度 平成25年6月~12月
看護師候補者 日本語研修(訪日後)   64名 6ヵ月

実施経験

日本語
一般日本語 入門~中級 (読む・書く・聞く・話す)
専門日本語 看護・介護専門漢字・語彙、日誌・記録の読解・記述、国家試験対策
社会文化適応研修
日本社会 生活習慣、日本文化
職場理解 職場でのマナー、看護・介護技術

国家試験合格実績

第33回介護福祉士国家試験・第110回看護師国家試験の結果が発表されました。
合格した皆さん、おめでとうございます!

合格実績

令和2年度 第33回介護福祉士国家試験
第2期~第4期 EPA ベトナム人候補者 全体合格率 92.1%
第4期 EPA ベトナム人候補者 合格率(2017年来日)92.9%
厚労省 HP 参照
第110回看護師国家試験
第4期~第7期 EPA ベトナム人候補者 全体合格率 32.9%
厚労省 HP 参照

EPA事業部 担当者より

EPA事業部 宮川百合子

EPA事業部 森脇直子

2025年、日本の介護現場では、およそ38万人の人材が不足すると言われています。少子高齢化が進む中、2008年、第1回EPA看護師・介護福祉士候補者がインドネシアから来日しました。2015年までには、インドネシア、フィリピン、ベトナムの3か国から、3000人を超える看護師・介護福祉士候補者が来日しています。

アークアカデミーは、ベトナム人候補者に対する日本語研修を第1陣から行ってきました。日本の医療・介護の現場で働くためには、専門的な知識や技術のみならず、日本人と円滑にコミュニケーションができる日本語力が必要です。ベトナムEPAのスキームでは、日本語能力試験N3以上の合格が訪日の条件となっています。訪日前の1年間、候補者は朝から晩まで勉強に追われる日々を過ごします。「絶対に日本に行く」「国家試験に合格する」という高いモチベーションを持つ候補者を前に、私たちもまた、自らの役割とその責任を強く感じ、日本語教育に従事する者として成長を続けています。

国の仕事という重圧もありますが、屈託のない笑顔とひたむきに努力する姿に励まされる毎日です。